京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

ピックアップ

時代祭 

 

時代祭の日 併せて参観を楽しむ

秋の特別展・特別公開

ライトアップ&夜の特別拝観

 

季節の花

リンク集

  • すみや亀峰菴
  • 旅館こうろ
  • 嵐山辨慶
  • 松井本館
  • 平新
  • 加茂川館
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • 京小町
  • ホテル 東山閣
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • ギオン福住
  • 旅館 元奈古
  • ホテル 花園会館
  • アーバンホテル 京都二条
  • 高雄もみぢ堂
  • 京都 炭屋旅館
  • ハトヤ
  • 渓山閣
  • ページの上部へ

10月の情報

美術館・博物館

■ 美術館・博物館

京都国立博物館

特別展 京のかたな 匠のわざと雅のこころ

9月29日(土)〜 11月25日(日)

 現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品のほぼすべてと、著名刀工の代表作を中心に展示し、平安時代から平成にいたる山城鍛冶の技術系譜と、刀剣文化に与えた影響を探ります。 また、武家文化だけでなく、公家・町衆を含めた京文化の中で、刀工たちが果たした役割に迫ります。

  • 料 金 1,500円

【京都国立博物館】東山区茶屋町
市バス100・206・208「博物館三十三間堂前」
9時30分〜17時(入館は閉館30分前まで) ※金・土曜日は延長あり
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(525)2473(テレホンサービス)

旅館 こうろ

ページの上部へ

北村美術館

平成30年 秋季茶道具取合展 「五色の秋」

9月8日(土)〜12月2日(日)

 実業家で茶人でもあった北村謹次郎氏のコレクションを折々のテーマを設定して展示。茶会の雰囲気を味わいながら作品を鑑賞できる構成になっています。

  • 料 金 600円(一般)、400円(学生)

【北村美術館】上京区河原町今出川下ル一筋目東入梶井町
市バス17・205「河原町今出川」
10時〜16時(入館は15時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日) ※11月12日は開館
TEL 075(256)0637

ページの上部へ

清水三年坂美術館

印籠・緒締・根付

8月25日(土)〜11月18日(日)

  • 料 金 800円

【清水三年坂美術館】東山区清水3丁目 
市バス100・206「清水道」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜・火曜(祝日開館)
TEL 075(532)4270

ページの上部へ

相国寺承天閣美術館

サンタフェ リー・ダークスコレクション
浮世絵最強列伝 〜江戸の名品勢ぞろい〜

後期:8月8日(水)〜9月30日(日)

 浮世絵の祖・菱川師宣、 美人画の喜多川歌麿、役者絵の東洲斎写楽、そして葛飾北斎や歌川広重など代表的な浮世絵師の優品のみを集めたダークス氏のコレクションを公開します。

  • 料 金 1,000円(一般)、800円(65歳以上・大学生)、500円(小中高生)

【相国寺承天閣美術館】上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町
地下鉄烏丸線「今出川」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 会期中無休
TEL 075(241)0423

ページの上部へ

泉屋博古館

特別展 仏教美術の名宝

9月8日(土)〜10月14日(日)

 仏教美術発祥の地ガンダーラの石彫から中国、朝鮮の金銅仏、そして日本の木彫仏や仏画などを紹介します。時代、地域によって様々に変化する多様な仏教美術世界を、東山の秋景色とともに心ゆくまでお楽しみください。

  • 料 金 800円

【泉屋博古館】左京区鹿ヶ谷
市バス32・100「宮ノ前町」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(771)6411

ページの上部へ

野村美術館

開館35周年記念名品展
茶の湯の美・能楽の美・日本の美

前期:9月8日(土)〜10月21日(日)
後期:10月23日(火)〜12月9日(日)

 主な展示作品
【前期】伝珠光筆山水図(9/26〜10/21)・上杉瓢箪茶入・坂本井戸茶碗・豊臣秀吉共筒茶杓・永楽保全作秋草絵茶碗・仁阿弥道八作雲錦手四方鉢 など
【後期】宗峰妙超筆 白雲偈頌(11/6〜11/25)・交趾黄鹿香合・北野茄子茶入・練上志野茶碗 銘 猛虎・能面 白色尉・能装束 黒船段織厚板 など

  • 料 金 800円

【野村美術館】左京区南禅寺下河原町
市バス5「南禅寺・永観堂道」
10時〜16時30分(入館は16時まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日)
TEL 075(751)0374

ページの上部へ

博物館 さがの人形の家

秋季展 『御所人形と嵯峨人形』展

9月15日(土)〜12月13日(木)

 江戸時代に京都で制作された木彫りの人形で、あどけない稚児の姿の“御所人形”と、人形の王様といわれ、 極彩色で品格のある“嵯峨人形”を展示します。

  • 料 金 800円(一般)、500円(中高生)、200円(小学生)

【博物館 さがの人形の家】右京区嵯峨鳥居本仏餉田町
市バス28「嵯峨釈迦堂前」、JR嵐山線「嵯峨嵐山」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(882)1421

ページの上部へ

美術館「えき」KYOTO

ピカソ 版画をめぐる冒険
フランス国立図書館版画コレクション

9月7日(金)〜10月8日(月・祝)

  • 料 金 1,000円

【美術館「えき」KYOTO】下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
市バス4・5・205・208「京都駅前」、JR・近鉄・地下鉄「京都」
10時〜20時(入館は閉館の30分前まで)
休館日 会期中無休
TEL 075(352)1111

ページの上部へ

細見美術館

明治150年・平成30年記念
京都の御大礼ー即位礼・大嘗祭と宮廷文化のみやびー

9月1日(土)〜10月8日(月・祝)

  • 料 金 1,000円

【細見美術館】左京区岡崎最勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
10時〜18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日)
TEL 075(752)5555

ページの上部へ

大西清右衛門美術館

開館二十周年記念展 大西家歴代

9月1日(土)〜12月16日(日)

 京都・三条釜座。約四百年の間、大西家はこの地に住みながら茶の湯の釜を作り続けてきました。歴代の仕事を振り返り、代表作の数々を展観します。

 
  • 料 金 900円

【大西清右衛門美術館】中京区三条通新町西入釜座町
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
10時〜16時30分(入館は16時まで)
休館日 毎月曜(祝日のときは翌平日休館)
TEL 075(221)2881

ページの上部へ

樂美術館

秋期特別展
出版記念 光悦考 展 

9月2日(日)〜12月9日(日)

 樂吉左衞門が3年がかりで書き下ろした本阿弥光悦についての論考『光悦考』に因んだ茶碗などを展示。吉左衞門が長年温めてきた光悦への熱い思いや光悦茶碗の新たな視点が浮かび上がる展覧会です。

  • 料 金 1,000円

【樂美術館】上京区油小路通中立売上ル 
市バス9・50「堀川中立売」
10時〜16時30分(入館は16時まで)
休館日 毎月曜(祝日のときは翌平日休館)
TEL 075(414)0304

ページの上部へ

立命館大学国際平和ミュージアム

特別展  世界報道写真展2018

10月6日(土)〜28日(日)

 オランダに本部を置く世界報道写真財団が毎年開催している世界報道写真コンテスト入賞作品で構成した写真展で、今年61回目を迎えます。同大学では1995年より毎年開催。

  • 料 金 500円

 

【立命館大学国際平和ミュージアム】北区等持院北町 

市バス12・15・50「立命館大学前」
9時30分〜16時30分(入館は16時まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075-465-8151

ページの上部へ

霊山歴史館

特別展 「大西郷展」 第4期 明治維新から西南戦争へ

9月4日(火)〜2019年1月6日(日)

  • 料 金 700円(一般)、400円(高校生)、300円(小中生)

【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】東山区清閑寺霊山町 
市バス100・206「清水道」
10時〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)※紅葉シーズンは時間延長あり
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日) 
TEL 075(531)3773

ページの上部へ

アサヒビール大山崎山荘美術館

谷崎潤一郎文学の着物を見る

9月15日(土)〜12月2日(日)

  • 料 金 900円(一般)、500円(高大生)、中学生以下無料

【アサヒビール大山崎山荘美術館】乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原
JR京都線「山崎」、阪急京都線「大山崎」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日)、年末年始 
TEL 075(957)3123(総合案内)

<

ページの上部へ

■ 能・狂言・コンサート

 

京都観世会館

京都観世会六十周年
第60回
京都観世能

10月21日(日)・28日(日)11時〜

演 目
 第一日目(21日) 能「高砂」「田村」「羽衣」「乱」/狂言「鬼瓦」/仕舞
 第二日目(28日) 能「養老」「清経」「花筐」「石話」/狂言「口真似」/仕舞

  • 料 金 S 12,000円   A 10,000円   B6,000円   学生 3,500円

【京都観世会館】左京区岡崎円勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
TEL 075(771)6114

ページの上部へ

金剛能楽堂

金剛定期能

10月28日(日) 13時30分〜

演 目
     能「三井寺」 鉄輪「雷電」/狂言「柑子」/仕舞

  • 料 金 6,000円(一般)、3,000円(学生)

【金剛能楽堂】上京区烏丸通中立売上ル 
地下鉄烏丸線「今出川」
TEL 075(441)7222

ページの上部へ

ギア専用劇場(ART COMPLEX 1928)

ノンバーバルパフォーマンス
『ギア〜GEAR〜』

月水金 14時〜、19時〜
土日祝 12時〜、17時〜
※第2水曜日は休演

 言葉を使わないコンプレックス(=複合)・エンターテイメント。大人も子どもも国籍も超えて楽しめる、90分100席限定の衝撃体験。

  • 料 金
      4,200円(一般)、3,200円(学生・60歳以上)、2,200円(小中高生)
     ※いずれも前売

【ギア専用劇場 ART COMPLEX 1928】中京区三条通御幸町東南角
市バス17・205「河原町三条」、京阪「三条」、阪急「河原町」
TEL 0120(937)882

ページの上部へ