HOME » »

京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

ピックアップ
 

夜間特別拝観と紅葉ライトアップ

秋の特別展と特別公開

 
 

除夜の鐘

  

◆予約制(前もって整理券を配布)

 

リンク集

  • 渓山閣
  • すみや亀峰菴
  • 旅館こうろ
  • 加茂川館
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • 松井本館
  • 京都 炭屋旅館
  • ホテル 花園会館
  • アーバンホテル 京都二条
  • 京小町
  • 京都祇園料亭旅館 花楽
  • 高雄もみぢ堂
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • 平新
  • 旅館 元奈古
  • ホテル 東山閣
  • ギオン福住
  • 嵐山辨慶
  • 花街道
  • ハトヤ
    • ページの上部へ

    12月の情報

    イベント

    祇園・四条 師走の華やぎ

    吉例 顔見世興行(きちれい かおみせこうぎょう)
    11月下旬〜12月下旬
    ロームシアター京都

     歌舞伎発祥地に建つ南座にて、東西の人気歌舞伎役者が一堂に会する京の師走の一大興行。江戸の頃、劇場と役者の契約期間は一年で、毎年11月に新しい顔触れによる座組で開場されました。これを「顔見世」と称し、この名残が今日の興行へと受け継がれています。また顔見世時期だけ役者名を勘亭流という独特の書体で書いた「まねき看板」が劇場前にずらりと上がる風景は、京都の冬の風物詩として親しまれています。

    • 料 金(昨年例)
    • 一等席  16,500円
      一等席B  14,500円
      二等席  10,000円
      三等席   7,500円

    【ロームシアター】左京区岡崎最勝寺町
    市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
    【公演に関するお問い合わせ】
    四條 南座 TEL 075(561)1155

    ページの上部へ

    保津川下り 冬期お座敷暖房船
    12月12日(火)〜平成30年3月9日(金)(予定) 
    12月29日〜1月4日運休 ※2月も安全点検のため運休日あり
    保津川

     深淵あり、激流有り、保津川の渓谷を縫って、亀岡から嵐山まで、約2時間の自然とふれあう船。冬場は、船の敷き板に絨毯を敷き、ストーブを入れ、透明のビニールで屋根をつくった温かい暖房船が運行されます。
    絨毯の上に直接座るお座敷スタイルになり、中は温かく、硝子の窓から風景を楽しみます。

    • 料 金
    • 乗合船 4,100円(大人)、2,700円(4歳〜小学生)
    • 発車時刻
    • 10時、11時30分、13時、14時30分

    JR嵯峨野線「亀岡」
    お問合せ:保津川遊船企業組合 TEL 0771(22)5846

    花園会館

    ページの上部へ

    トロッコ列車
    3月1日(水)〜12月29日(金) 水曜日運休(祝日・行楽シーズンを除く)
    保津川渓谷

     トロッコ嵯峨駅から亀岡駅まで、8つのトンネルを抜ける全長7.3キロ、約25分の列車旅。

    • 運 賃  620円(大人)、310円(小人)

    【トロッコ嵯峨駅】JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」
    お問い合わせ:嵯峨野観光鉄道テレホンサービス 
    TEL 075(861)7444

    トロッコ列車の旅

    渓山閣

    ページの上部へ

    見応えのある「京料理」の数々

    第112回 京料理展示大会
    12月13日(水)・14日(木) 10時〜16時
    京都市勧業館(みやこめっせ)

     有名料亭から出品された豪華な京料理の作品が一堂に集められ展示されます。京都の伝統的な京料理、名物料理の数々が、目にも鮮やかに並べられる見応えある展示大会で、明治期に始まり、100年余の歴史を誇ります。会場では、有職料理の厳粛な儀式である生間流式庖丁の実演が行われるほか、お茶席・お食事コーナー(有料)などもあり、盛りだくさんの内容で繰り広げられます。

    • 料 金(昨年度例) 800円(大人)(前売 600円)、500円(学生)

    【京都市勧業館(みやこめっせ)】 左京区岡崎成勝寺町
    市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
    お問い合わせ:京都料理組合 TEL 075(221)5833



    ページの上部へ

    山科義士まつり
    12月14日(木) 10時〜
    毘沙門堂〜岩屋寺〜大石神社

     大石内蔵助をはじめ、赤穂四十七士を偲ぶお祭り。山科区民の扮装による義士列がゆかりの地を練り歩き、討ち入りの様子を再現したパフォーマンスも行われます。

    【瑞光院】山科区安朱堂ノ後町
    地下鉄東西線・JR琵琶湖線「山科」、京阪京津線「京阪山科」
    お問い合わせ:山科区地域力推進室 TEL 075(592)3088(平日のみ)



     

    ページの上部へ

    ■ 赤穂義士ゆかりの寺々

     

    長矩の墓に四十七士の遺髪
    瑞光院 (ずいこういん)

     浅野内匠頭長矩の夫人瑤泉院と深い縁故のお寺。長矩公の切腹の後、供養塔が建てられ、大石ら切腹の後は、当時の住職が江戸に下り、四十七士の遺髪をもらい受け寺内に葬りました。

    【瑞光院】山科区安朱堂ノ後町 JR「山科」
    TEL 075(581)3803

    加茂川館

    ページの上部へ

    大石良雄ゆかりの血判石
    花山稲荷神社(かざんいなりじんじゃ)

     大石良雄が山科に隠棲していたとき、崇敬すること篤く、ゆかりの血判石などが残されています。

    【花山稲荷神社】山科区西野山欠ノ上町
    JR「山科」より京阪バス「清水焼団地」
    TEL 075(581)0329

    ページの上部へ

    大石良雄を祀る
    大石神社

     祭神が大石良雄。神社の界隈が隠棲の地であり、手紙、掛け軸、安政2年に描かれた四十七士の屏風、隠棲宅の欄間など多数の品々が残されており、宝物殿で鑑賞できます。

    【大石神社】山科区西野山桜馬場
    JR「山科」より京阪バス「大石神社」
    TEL 075(581)5645


    ページの上部へ

    大石良雄の遺髪を埋めた「遺髪塚」
    岩屋寺

     本尊の不動明王は大石良雄の念持仏。浅野長矩の位牌や四十七士の像が祀られています。12月14日には良雄らの遺品の公開も行われます。境内には大石良雄の遺髪を埋めた「遺髪塚」があります。

    • 拝観料 通常 400円(14日のみ300円)

    【岩屋寺】山科区西野山桜ノ馬場町
    JR「山科」より京阪バス「大石神社」
    TEL 075(581)4052


    ページの上部へ

    赤穂義士の遺品も残る
    極楽寺

     大石神社、岩屋寺とも近く、大石良雄が施主となった寺。庭にある五輪塔は遺髪塚と伝えられています(拝観時要連絡)。

    【極楽寺】山科区西野山桜ノ馬場町
    JR「山科」より京阪バス「大石神社」
    TEL 075(581)5347

    旅館 こうろ

    ページの上部へ

    小野寺十内の墓
    西方寺

     小野寺一族の墓があります。小野寺十内、小野寺幸右衛門、岡野金右衛門、大高源五の墓は十内の妻、丹女が立てたもの。普段は非公開ですが、12月14日のみ義士法要のため、午前中公開されます。

    【西方寺】左京区北門前町 市バス206「東山仁王門」
    TEL 075(771)3395

    ページの上部へ

    大石良雄遺愛の茶釜
    泉涌寺塔頭 来迎院(らいごういん)

     大石良雄は外戚の来迎院長老に頼み、寺請証文を受け、山科に浪宅を構えることができました。茶席含翠軒を寄進、遺愛の茶釜、肖像画などがあります。茶室は密議の場ともなりました。

    • 拝観料 300円

    【来迎院】東山区泉涌寺山内町  市バス208「泉涌寺道」
    TEL 075(561)8813

    ページの上部へ

    同志との連絡の場所
    法住寺

     大石良雄が仇討ちを祈願した身代わり不動尊像があり、四十七士の木像が安置されています。

    • 拝観料 500円

    【法住寺】東山区三十三間堂廻リ町 市バス206・208「博物館・三十三間堂前」
    TEL 075(561)4137

    ページの上部へ

    「おかる」の墓
    上善寺

     本堂裏の墓地に二文字屋次郎左衛門の娘で良雄の愛人「おかる」(本名おかじ)の墓があります。刻まれている法名は「清誉貞林法尼」。

    【上善寺】上京区千本今出川西入ル 市バス206「千本今出川」
    TEL 075(461)5706


    ページの上部へ

    天野屋利兵衛の木像
    地蔵院(椿寺)

     天野屋利兵衛の墓があり、木像や遺品の算盤が保存されています。12月14日には木像の見学ができます。

    【地蔵院】北区一条通西大路東入ル 市バス50・205「北野白梅町」
    TEL 075(461)1263

    ページの上部へ