京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

季節の花
ピックアップ

時代祭 

 

時代祭の日 併せて参観を楽しむ

秋の特別展・特別公開 

ライトアップ&夜の特別拝観

リンク集

  • 京都祇園料亭旅館 花楽
  • アーバンホテル 京都二条
  • 松井本館
  • ホテル 花園会館
  • ギオン福住
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • ホテル 東山閣
  • 高雄もみぢ堂
  • 加茂川館
  • 旅館 元奈古
  • 旅館こうろ
  • 京都 炭屋旅館
  • 嵐山辨慶
  • 花街道
  • ハトヤ
  • 渓山閣
  • すみや亀峰菴
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • 平新
  • ページの上部へ

10月の情報

年中行事

「ずいき」の神輿が練る

ずいき祭
10月1日(日)〜5日(木)
北野天満宮

 実りの秋にふさわしい豊穣を喜び、感謝する祭です。大小2基の神輿の屋根はすべて「ずいき」(里芋の茎)で造られています。ずいき神輿は祭期間中(1日〜4日午前中)御旅所でご覧いただけます。

【北野天満宮】上京区馬喰町 市バス50・101「北野天満宮前」
TEL 075(461)0005


ページの上部へ

伝統の花傘に武者行列

御香宮神幸祭
9月30日(土)〜10月8日(日)(予定)
御香宮神社

 「伏見祭」といわれる洛南の大祭。室町時代の風流傘の伝統を今に伝え「花傘祭」ともいわれています。花傘総参宮は土曜日、お御輿の参宮は最終日に行われます。

【御香宮神社】伏見区御香宮門前町
近鉄京都線「桃山御陵前」、JR奈良線「桃山」
TEL 075(611)0559

ページの上部へ

下鴨 糺ノ森の邦楽・舞楽

えと祈願祭
10月9日(月・祝)
下鴨神社

 五穀豊穣と商売繁盛を感謝する大国さまの秋祭り。祭典及び模擬店や福引き、舞楽の奉納など境内は終日賑わいます。

【下鴨神社】左京区下鴨泉川町 市バス205「下鴨神社前」
TEL 075(781)0010

ページの上部へ

講員大祭
10月7日(土)・8日(日)
伏見稲荷大社

 家内安全・生業繁栄を祈願するお祭り。全国の講員が集まり、境内ではさまざまな行事が繰り広げられます。

【伏見稲荷大社】伏見区深草薮之内町 JR奈良線「稲荷」
TEL 075(641)7331

京都 炭屋旅館

ページの上部へ

勤皇山国隊の行進

山国さきがけフェスタ
10月8日(日)
山国神社

 農兵隊で明治維新に貢献した「山国隊」。錦の御旗を護衛して凱旋した昔ながらの様子が山国神社の還幸祭でよみがえります。例祭に合わせ「さきがけフェスタ」開催。山国隊行進や御輿の行列、特産品の出店などで賑わいます。

【山国神社】右京区京北塔町宮ノ前
JRバス高雄・京北線「周山」のりかえ ふるさとバス「山国御陵前」(周山より臨時バスあり)
お問い合わせ:実行委員会委員長TEL 090(2018)7273(江口満)

ページの上部へ

無形文化財の奇祭

赦免地踊り
10月8日(日)
秋元神社 八瀬童子会

 江戸時代に八瀬の地の永代地租免除の特典が守られたことを祝い、続けられている洛北の奇祭で無形文化財に指定されています。頭上に赤紙で作った透し彫りの切子型灯籠をのせた少年が、音頭取りの太鼓に合わせて静かに踊り、神社に奉納します。

【秋元神社】左京区八瀬秋元町 京都バス17・18「ふるさと前」
お問い合わせ:八瀬郷土文化保存会事務局 TEL 075(724)0255

ページの上部へ

人形供養
10月14日(土)
宝鏡寺

 この日に持ち込まれた人形を並べ、年に一度の総供養が行われます。また、島原太夫の奉納舞などもあります。受付は10時から10時30分まで。供養祭は10時30分から約1時間。

【宝鏡寺】上京区寺之内通堀川東入ル 市バス9「堀川寺ノ内」
TEL 075(451)1550

東山閣

ページの上部へ

彩り華やかな嵐山の一日

斎宮行列
10月15日(日)
野宮神社・渡月橋一帯

 朝廷が皇女を「斎宮」として伊勢神宮に送った故事によるものです。野宮神社で祭典が行われた後、正午より華麗な王朝絵巻を思わせる行列が渡月橋まで練り歩き、14時頃保津川で御禊の儀が行われます。

【野宮神社】右京区嵯峨野々宮町 市バス28「野々宮」
TEL 075(871)1972


ページの上部へ

流鏑馬より実戦的!!

笠懸神事
10月15日(日)
上賀茂神社

 800年以上前に同社で奉納されていた儀式で、武田流弓馬道により奉納されます。13時から、馬上より地上にある的を射る小笠懸や、水平に的を射る遠笠懸など、流鏑馬より実戦的なことで知られています。

【上賀茂神社】北区上賀茂本山 地下鉄「北大路」より市バス北3「御薗口町」
TEL 075(781)0011

ページの上部へ

現世の金襴の菩薩達!

二十五菩薩お練り供養法会
10月15日(日) 13時より
即成院(そくじょういん)

 法会は菩薩が現世に降りてきて、衆生を安楽浄土へ導くという来迎思想を表現しています。お練りは、本堂を浄土とし、地蔵堂を現世に見立て、金襴の菩薩装束をつけた25名の稚児を含め総勢300名近くの信徒が、設けられた50メートルの橋をゆっくりと渡ります。

  • 拝観料 本堂 1,000円 境内無料

【即成院】東山区泉涌寺山内町 市バス208「泉涌寺道」
TEL 075(561)3443

二十五菩薩お練り供養法会

ページの上部へ

船岡大祭
10月19日(木)11時より
建勲神社(けんくんじんじゃ)

 建勲神社は織田信長・信忠父子を祀ります。祭は永禄11年(1568)に信長が入洛した日を記念する大祭で、仕舞や舞楽が奉納されます。

【建勲神社】北区紫野北舟岡町 市バス206「建勲神社前」
TEL 075(451)0170

ページの上部へ

出雲大神宮 例祭
10月21日(土)
出雲大神宮

 足利尊氏、細川勝元により修造された現社殿の創建は古く、和銅2年(709年)10月21日と伝えられ、この日に例祭が執り行われます。

【出雲大神宮】亀岡市千歳千歳出雲 亀岡市ふるさとバス「出雲神社前」
TEL 0771(24)7799

ページの上部へ

圧巻! 火の海の鞍馬山

鞍馬の火祭
10月22日(日) 雨天決行
由岐神社(ゆきじんじゃ)

 18時、若衆たちが5メートルもの松明を担ぎ、火の粉を撒きながら神社へと向かい、一面は火の海、興奮の坩堝に! 祭典は、午前0時ごろに終了します。
 当日は15時より貴船口から車両禁止となり叡山電車は大変混雑します。鞍馬一帯は狭く、かなりの混雑が予想され、火を扱うため、燃えにくく動きやすい服装でご参加ください。

 

【由岐神社】左京区鞍馬本町
京阪電車「出町柳」より 叡山電鉄鞍馬線「鞍馬」
お問い合わせ:鞍馬の火祭テレフォンサービス 
TEL 075(741)4511(9月1日〜10月末日)

鞍馬の火祭

ページの上部へ

■ 秋空の下 民俗芸能を愉しむ

 

秋の風物詩 狂言

壬生狂言
10月7日(土)〜9日(月・祝)
壬生寺(みぶでら)

 壬生狂言はわが国でも珍しい仏教無言劇。鉦や太鼓、笛の音に合わせてひなびた面をつけた人たちが演じます。13時から17時30分まで1日6演目の上演。

  • 料 金 800円

【壬生寺】中京区坊城仏光寺下ル 市バス26「壬生寺道」
TEL 075(841)3381

ページの上部へ

古式豊かに今様

今様合わせ
10月8日(日) 15時
法住寺(ほうじゅうじ)

 承安4(1174)年9月1日から15日間、法住寺殿において行われた「今様歌合わせ」に因みます。平安時代の流行歌「今様」を歌人が即興で作り、楽人、舞人が歌舞楽を演じるという古式豊かな催しです。

  • 料 金 1000円

【法住寺】東山区三十三間堂廻リ町 市バス206・208「博物館・三十三間堂前」 TEL 075(561)4137


ページの上部へ

■ じっくりと剣鉾(けんぼこ)を観賞

 

平岡八幡宮例祭
10月8日(日)
平岡八幡宮

 子供達が青年と相撲を取り必ず勝ち名乗りを受けるという珍しい三役相撲や、少なくなった剣鉾差しが見られます。

【平岡八幡宮】右京区梅ヶ畑宮ノ口町 
市バス8「平岡八幡前」、JRバス「平岡八幡」
TEL 075(871)2084

ページの上部へ

春日祭(かすがまつり)
10月14日(土)・15日(日)
西院春日神社

 奈良の春日大社から御神霊を迎え、創建されてから受け継がれた祭。江戸時代初期製作の2基の神輿と5基の剣鉾が練り歩きます。

【西院春日神社】右京区西院春日町 市バス205「西大路四条」
TEL 075(312)0474

ページの上部へ

粟田神社大祭
10月7日(土)〜9日(月・祝)・15日(日)
粟田神社

 「祇園祭」山鉾の原型といわれる剣鉾の鉾差しなど、千年の歴史を持つお祭りです。

【粟田神社】東山区粟田口鍛冶町 市バス5「神宮道」
TEL 075(551)3154

ページの上部へ